PAGE TOP

一般診療(保険診療)
Dermatology

パッチテスト

アレルギー性接触皮膚炎の検査で最も重要な検査法です。

パッチテストは、十分な量のハプテン(アレルゲン)を強制的に皮膚に吸収させ、アレルギー反応を惹起させます。

当院では、サトウ製薬のパッチテストシリーズ、持ち込み材料によるパッチテスト、金属パッチテストを行っております。

 

原因・治療について

パッチテスト方法と判定

あらかじめ原因と考えられる物質をパッチテストユニット(絆創膏に皿を載せたもの)に付けておきます。

通常、背部(傍脊椎部)の外見上正常な場所に48時間貼布します。アレルゲンは上背部や上腕外側に貼布することが推奨されています。貼布後、シャワー、入浴、スポーツ、発汗の多い労働は控えるようにします。

パッチテストの判定は複数回実施することが推奨されています。

貼布した48時間後にパッチテストユニットを除去し1回目の判定を実施し、その後72時間後、場合によっては更に1週間後に判定を行います。

汗をかきやすい夏場には、正確な判定が難しいことが多いため、秋~春にかけて行うことをお薦めします。

 

パッチテストの流れ

  • STEP1
    1. 診察

    お悩みの症状をうかがいます。どのような症状で、どの部分にいつごろから発症しているかなどをお聞かせください。その上で、パッチテストのご予約をお取りいたします。

  • STEP2
    2. パッチテスト

    背中もしくは上腕に材料をのせたシートを貼ります。材料の準備にお時間がかかることが多いので、お時間に余裕を持っていただくようお願いいたします。

  • STEP3
    3. 2日後判定

    パッチテストを行った2日後に改めて診察を行い、まず1回目の判定を行います

  • STEP4
    4. 3日後判定

    さらに3日後に診察を行い、最終的なアレルギー判定を行います。ただしアレルギーの出方には個人差があるため、異なるスケジュールでテストを行う場合もあります。あらかじめご了承ください。

 

調べられる項目ついて

サトウ製薬のパッチテストパネルを用いております。日本人のアレルギーの原因として比較的頻度の高い、金属、香料、樹脂、防腐剤、ゴム硬化剤などに含まれる物質22種類を調べることができます。

種類別に分けると、

種類 アレルゲン名
金属 ニッケル・クロム ・金 ・コバルト
樹脂 ロジン・ペルーバルサム・ブチルフェノールホルムアルデヒド・エポキシ 
ゴム硬化剤 カルバミックス・メルカプベンゾチアゾール・メルカプトミックス・チウラムミックス 
ゴム老化防止剤 黒色ゴムミックス
防腐剤 パラベンミックス・イソチアゾリノンミックス・ホルムアルデヒド 
油脂 ラノリンアルコール
抗生物質 フラジオマイシン硫酸塩
局所麻酔剤 カインミックス
香料 香料ミックス
染料 パラフェニレンジアミン
水銀化合物 チメロサール

 

パッチテストパネル(S)による検査の料金 5,810円(3割負担の場合)

健康保険は適応されます。初再診料、処方料などは別途必要です。

 

24項目のセット検査になりますので、個々の項目のみの検査はできません。

(例えば、毛染めのかぶれが心配なので、パラフェニレンジアミンのみを検査したいというリクエストにはお答えできません。)

金属パッチテストで調べられる項目

鳥居製薬のパッチテスト試薬金属(15項目)を使用しております。

 

▼ 項目内容(計15項目)

塩化アルミニウム、塩化コバルト、塩化第二スズ、塩化第二鉄、塩化白金酸、塩化パラジウム、塩化マンガン、三塩化インジウム、四塩化イリジウム、臭化銀、重クロム酸カリウム、硫酸ニッケル、塩化亜鉛、塩化金酸、硫酸銅

 

金属パッチテスト検査の料金 800円(3割負担の場合)

健康保険は適応されます。初再診料、処方料などは別途必要です。