PAGE TOP

一般診療(保険診療)
Dermatology

光線療法

炎症性の皮膚疾患や白斑を治す方法として光線療法を行っております。

当院では、全身照射型のナローバンドUVB(311ナノメーター)と部分照射型のエキシマライト(308ナノメーター)を備えています。

 

光線療法|全身照射型ナローバンドUVB

全身照射型ナローバンドUVB

光線療法|部分照射型のエキシマライト

部分照射型のエキシマライト

 

原因・治療について

このような症状にお悩みの方に

当院では、下記のような症状にお悩みの方、従来の外用薬であまり効果がみられなかった患者様も、ぜひご相談ください。

 

  • アトピー性皮膚炎
  • 乾癬
  • 白斑
  • 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう、掌や足底にできる水ぶくれ)
  • 結節性痒疹(けっせつせいようしん、かゆみを伴う皮膚の隆起)
  • 類乾癬(乾癬に似た発疹)
  • 円形脱毛症

 

光線治療の仕組み

紫外線の一種であるUVBの中で、さらに皮膚の疾患に効果が認められる波長領域の光を患部に照射して治療します。

これまでのステロイド外用薬を使った治療法でも難治である方には光線治療治療の併用をおすすめしています。

症状改善に伴って外用薬の強度を弱めたり来院頻度を減らすこともできます。

光線治療の副作用

光線治療の副作用は短期的なものとしては照射した部分の赤みや日焼け、ほてりなどが感じられる場合があります。長期的なものでは紫外線による皮膚がん等の発がん性やシミ・シワの光老化が挙げられます。

ただし従来の紫外線治療の一種である、UVAを用いるPUVA療法などと比べますと、上記で述べたいずれの症状も起きにくくなっています。もちろん、紫外線による発がん性も低下しており、従来の治療法に比べてより効果的で安全ということができます。

治療の期間および通院頻度

治療にかかる期間は、患者様ごとの状態によっても異なりますが、アトピー性皮膚炎や乾癬のごく一般的なものであれば症状が落ち着くまで週に1~3回ほど、計20~30回程度の治療が必要となります。

白斑の場合、より長い治療期間を要します。

ナローバンドUVB治療は成人(15歳以上)のみの適応ですが、エキシマライトは部分照射で、学童期からの治療も可能となっております。

 

光線治療の費用

治療1回あたりにかかる患者様の費用負担額は健康保険3割負担の方は1,020円、1割負担の方は340円になります。

目を保護するため専用のサングラスを着用できますのでご安心ください。

1回の照射時間は患者様により異なりますが、ナローバンドUVBはおおむね5分程度、エキシマライトは数秒で終了します。