PAGE TOP

一般診療(保険診療)
Dermatology

かぶれ

かぶれとは、何らかの刺激物質やある特定の物質(植物など)が皮膚に接触することによって起きる皮膚炎の一種です。正式には「接触皮膚炎」といいます。症状は、皮膚にかゆみが出るほか、ヒリヒリ感、赤くなる、ぶつぶつが出るのが一般的です。ひっかいて二次感染を起こすと水ぶくれになり、皮膚がジュクジュクした状態になることもあります。

かぶれが起きる原因として特定の植物や、金属をはじめ、外用薬、いわゆる塗り薬や化粧品などが挙げられています。

原因・治療について

接触皮膚炎(かぶれ)の検査について

アレルギー性接触皮膚炎の検査で最も重要な検査法はパッチテストです。パッチテストは、十分な量のハプテン(アレルゲン)を強制的に皮膚に吸収させ、アレルギー反応を惹起させます。

当院では、サトウ製薬のパッチテストシリーズ、持ち込み材料によるパッチテスト、金属パッチテストを行っております。

パッチテストとは

あらかじめ原因と考えられる物質をパッチテストユニット(絆創膏に皿を載せたもの)に付けておきます。通常、背部(傍脊椎部)の外見上正常な場所に48時間貼布します。アレルゲンは上背部や上腕外側に貼布することが推奨されています。貼布後、シャワー、入浴、スポーツ、発汗の多い労働は控えるようにします。

パッチテストの判定は複数回実施することが推奨されています。

貼布した48時間後にパッチテストユニットを除去し1回目の判定を実施し、その後72時間後、場合によっては更に1週間後に判定を行います。汗をかきやすい夏場には、正確な判定が難しいことが多いため、秋〜春にかけて行うことをお薦めします。

パッチテストについて