PAGE TOP

一般診療(保険診療)
Dermatology

アトピー性皮膚炎の新薬『デュピクセント』

アトピー性皮膚炎の新薬『デュピクセント』は、アトピー性皮膚炎の皮疹やかゆみの原因になっている「IL-4」と「IL-13」というタンパク質の働きを直接抑えることで、皮膚の炎症反応を抑制する新しいタイプのお薬です。

炎症反応を抑えることによって、かゆみなどの症状や、皮疹などの皮膚症状を改善します。

デュピクセントは、治療が受けられる条件や注意点がありますので、以下をご確認の上、ご相談ください。

 

原因・治療について

治療が受けられる条件

  • 既存治療では効果が十分に得られない方

    ステロイドや光線療法などの既存治療でコントロールできている患者さんには投与できません。また、投薬はアトピー性皮膚炎の重症度判定で一定以上のスコアが高い方に限られます。

  • 15歳未満には投与できません。

    乳幼児、小中学生への投与は出来ません。高校生以降(15歳以上)の治療になります。

  • 費用が負担できる方、何らかの補助が受けられる方

    デュピクセントの治療費は保険診療でも高額です。収入によって負担額は異なります。そのため、無理なく治療を続けられるかどうかご自身で判断してください。

  • 月に2回の通院が可能な方

    2週間に1回の注射が必要です。そのため、最低月に2回の通院が可能な方でなければ治療はできません。

    また、自己注射が可能になりましたが、注意点や注射前の準備、保管方法など、適切に効果を得るために守らなければならない事が沢山あります。

    詳しくは、医師までご相談ください。

  • 外用治療も併用できる方

    今までしっかり外用療法を行えているかどうか、また、治療開始後も、外用治療もしっかり続けられる方に限られます。

 

デュピクセントの特性

しっかりとした説明を読みたい方は、デュピクセントのサイトをご参照ください。動画もあります。

デュピクセントの特性

 

アトピー性皮膚炎の皮疹やかゆみの原因になっているものを選択的にブロックする薬剤です。

アトピー性皮膚炎を引き起こす主役は、Th2というリンパ球です。

Th2リンパ球からIL-4、IL-13などのタンパク質が分泌されますが、このIL-4とIL-13が皮膚のバリア機能の低下や、炎症の促進を引き起こし、その結果アトピー性皮膚炎が発症すると考えられています。

 

デュピクセントは、このIL-4とIL-13というタンパク質の作用をブロックし、アトピー性皮膚炎の発症や増悪を抑制するお薬です。

デュピクセントの投与

デュピクセントは投与開始日のみ、2本を皮下注射します。

その後は2週間に1回、1本を皮下注射します。

注射部位は、上腕部(二の腕の外側)、腹部(おへそ回り)、両大腿(ふともも)です。

 

投与に注意が必要な方

  • 寄生虫感染のある方

  • 生ワクチンを接種する予定のある方

  • 妊婦または妊娠している可能性がある方、授乳中の方

  • 高齢の方

  • 喘息等のアレルギー性疾患をお持ちの方

 

デュピクセントの治療費

デュピクセントは保険適応しています。

 

 

別途、初診料、再診料、処方せん料などがかかります。

Q&A よくあるご質問

  • 治療はいつから可能ですか?

    平成30年7月から治療を開始しました。初診の方は、まず診察して皮疹をスコア化します。投与はその次の受診時になります。

  • 治療は受診した当日に受けられますか?

    受診した当日には、初診の方ならこれまでの治療期間や治療内容を伺い、皮疹の程度をスコア化しなければなりません。その上で適応と判断されれば、投与することになります。そのため、当面は初診時には投与できません。次の受診時からの投与になります。

    また、薬剤は冷蔵庫から出した後に室温で45分以上置いておく必要があります。つまり、来院後最短でも45分は待って頂く必要があります。

  • 何回くらい治療すれば、効果が実感できますか?

    1回の注射後2週間で効果が認められます。3ヶ月経過したときには、ほとんどの症例で皮疹、そう痒ともに明らかな改善が認められます。

  • 治療はいつまで行うのでしょうか?

    新薬ですので、いつまでデュピクセントを続けるべきかについて明確な指標はありません。

    基本的に、炎症とそう痒がおさまり、改善が実感できるまでは継続します。

    6ヶ月を目安として、よい状態が維持できるようならデュピクセントの投与を中止できるとされています。もちろん、デュピクセントを中止後も外用剤は継続する必要があります。

    もし、外用のみで皮疹がコントロールできなくなったときには、デュピクセントを再開することもできます。

  • 治療費はクレジットカードで払うことはできますか?

    申し訳ありません。当院ではクレジットカード、電子マネーは使用できません。