PAGE TOP

治療法・機器別
Treatment method

ウルセラ

メスを使わないリフトアップ治療「ウルセラリフト」は皮膚表面に影響を与えず、皮膚よりも深い層にある筋膜へ熱を加えて顔のたるみを上に引き上げます。

ウルセラは、コラーゲンを新しく作り出し増やすことで、皮膚が内側から支える働きを取り戻させる治療法です。コラーゲンが増えることで肌のハリが生まれ、ほうれい線、シワが改善できます。

また、コラーゲンが増えることで皮膚が内側からたるみが改善できます。お顔のたるみ・首のたるみに今までにないリフトアップ効果が期待できます。

皮膚に弾力が生まれ、肌のハリ、ほうれい線、シワが改善できます。

 

▼ こんな症状に適しています

たるみ、たるみによるしわ、毛穴の開き。

眉・まぶた・頬・あご下・ほうれい線・首・デコルテのたるみに効果的

治療法について

ウルセラリフトの特長

熱収縮

熱ダメージにより、SMAS層のたんぱく質がギュッと凝縮、施術後からリフトアップ効果が期待できます。

 

コラーゲン収縮・増加(6ヶ月~1年程度)

熱ダメージを治癒しようと体の「創傷治癒作用」で、コラーゲン生成が促進されます。

このコラーゲン生成によって皮膚のハリ・弾力が増し、リフトアップ効果が長続きします。

ウルセラは長期的なリフトアップ効果が期待でき、1回の治療でリフトアップ効果は6ヶ月~1年程度持続するといわれています。

 

 

適応症状 たるみ、たるみによるしわ、毛穴の開き
適応部位 眉・まぶた・頬・あご下・ほうれい線・首・デコルテ
即時効果 熱収縮による即時効果
効果持続

6ヶ月~1年程度

ダウンタイム 施術後はすぐにスキンケア・メイク可能
施術時間

局所麻酔外用約30分 + 施術約30~60分

(部位により施術時間が変わります) 

施術の流れ

クレンジング・洗顔
メイクや皮脂などを十分に落とします。

 

マーキング
マーキングを行います。

 

照射
患者様が感じる熱の度合いに応じて、出力を調整しながら、照射します。

(全顔:約30~40 分)

 

治療後
赤みや腫れはほとんどなく※、冷却などの特別な処置はありません。

通常通り、スキンケア・メイクをしてお帰りいただきます。

症例紹介

「ウルセラリフト」 Q&A

Q. 治療中に、痛みはありますか?また、痛みを和らげる方法はありますか?

A.

顎や額など部分的に、熱感や痛みを感じることがあります。

また、痛みに弱い方には、以下の方法をおすすめしています。

・ 必要に応じて、エネルギーを下げる
・ マッサージャー(振動機)を使用する(ゲートコントロール理論)
・ システムの照射音を小さくする
・ 治療前に、痛み止めを内服する 等

※ 痛みの程度や感じ方には、個人差があります。

 

Q. いつ頃から効果を実感できますか?また、1回の治療でどのくらい効果が続きますか?

A.

ウルセラリフトは、熱収縮による即時的効果と創傷治癒反応による持続的効果があり、治療後約2~3ヶ月後に効果のピークがあらわれ、平均6ヶ月~1年間、効果が持続するといわれています。

継続治療をご希望の方には、治療後6ヶ月~1年以降に、2回目の治療をおすすめしています。

※ 効果のあらわれ方や持続期間には、個人差があります。

 

 

Q. ウルセラリフトの治療直後の肌は、どのような状態ですか?

A.

赤みや軽度の腫れが生じることがあります。

赤みは30~60分程度でおさまり、腫れは1週間ほど続く場合があります。

1.5mmのトランスデューサーで照射した場合に、右図のような線状の浮腫が数日あらわれる場合があります。

※ 赤みや腫れのあらわれ方、程度には、個人差があります。

 

 

Q. 治療後に、何か症状が出ることはありますか?

A.

肌を触ると軽い痛みを感じる、洗髪時などにしびれのような違和感がある場合がありますが、2~3週間ほどでおさまります。

※ 症状のあらわれ方や持続期間には、個人差があります。