PAGE TOP

美容診療
Cosmetic dermatology

赤ら顔

赤ら顔とは、常に顔が赤みを帯びている状態です。

赤ら顔は、表皮の下に無数に張り巡らされている毛細血管が拡張することで頬が赤く見える症状です。顔の皮膚は薄く、毛細血管が透けやすいため、顔が赤く見えやすくなります。

肌荒れや気温差でも症状が出ることがあります。

▼ 主な治療方法

フォトRF・レーザーシャワー

治療法について

フォトRFとは

フォトRFはあらゆる肌トラブルをターゲットにし、お肌全体に働きかけます。すべての肌タイプに適した治療です。

赤外線(IR)と高周波(RF)を組み合わせ、皮膚を赤外線で加熱後、RFによって真皮全体に均一な熱エネルギーを与えることで、お肌の張り・リフトアップ効果・肌の引き締め効果が治療直後から実感できます。

即効性があり、痛みもほとんどなく、肌ダメージを最小に抑えつつ、肌を美しくします。

赤ら顔の場合、毛細血管に働きかけ、皮膚の赤みを和らげます。

また、施術当日からお化粧することが可能です。

 

 

レーザーシャワーとは

 

ロングパルスYAGレーザーを、広くシャワーのように照射する治療です。

お肌の内側から毛穴をギュッと引き締めてハリ感を向上させたり、皮膚のターンオーバーを改善させルコとでコラーゲン産生を高め、お顔の引き締めを行っていきます。ロングパルスYAGレーザーは赤色に反応する性質もあり、お肌の赤み、ニキビ跡の赤み、くすみの改善にも効果を発揮します。
痛み・ダウンタイムはほとんどございませんので、美容医療が初めての方にもおすすめできる治療です。

 

 

E-plusSRについて

~ダウンタイムNGの方 肝斑合併や日焼けがないか、もしくは軽度の方向き~

 

ワントーン明るい素肌へE-plusSR|しみ、そばかす、赤ら顔、小じわ、美肌、若返り治療に

 

ワントーン明るい素肌へE-plusSR

e-plusはシネロン社史上最高スペックの最新オールインワン治療器です。

特にSR(フォトRF・オーロラなどの治療器の最新版)という種類のヘッドは、しみ、そばかす、赤ら顔、小じわ、美肌、若返り治療に最適です。

SRはIPL(フォトフェイシャル®)とRF(高周波)を同時に照射し、肌にダメージを与えることなく肌の奥深くまでエネルギーを浸透させることで、しみやそばかす、赤ら顔が改善され、理想的な美肌効果をもたらします。

IPLが表皮のメラニン色素に作用して、しみ・くすみを取り、赤ら顔、血管拡張症の血管にダメージを与え、RFは真皮の繊維芽細胞を刺激してコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などを増生させて、毛穴を引き締め、張りのあるお肌を作ります。

従来の光治療と同様に痛みも少なく、ダウンタイムのない治療なので施術直後より効果が実感できお化粧してお帰り頂けます。3週間毎の治療がお勧めです。

更にサブライムとの組み合わせによりSRの相乗効果とリフトアップ効果による総合治療が得られます。

 

 

治療の流れ

1.スタッフによるカウンセリング

2.記録写真撮影(肝斑の有無もチェックします。)

3.医師による診察。

4.SR施術ご予約をお取りします。

5.施術予約日にご来院いただき、メイクオフ後施術いたします。

6.反応したシミは、うっすらとカサブタになりますが、1週間程度でポロポロと自然にとれますので、めくったり、こすったりせず、保湿とサンスクリーンをしっかり行ってください。

7.1か月に1回、5回程度定期的に受けられることで、濃いいシミが薄くなり、キメ、ハリ、透明感がアップし、全体的にワントーン明るい素肌になっていきます。

 

治療経過

E-plus施術前

 

SR施術後1週間

反応したシミはマイクロクラストというかさぶたがうっすらつきます。

 

SR施術後1か月

マイクロクラストがとれ、全体にしみがうすくなります。

1か月に1回×5回程度受けられることをお薦めします。