とびひ(伝染性膿痂疹)

「とびひ」とは、「伝染性膿痂疹」という、こどもに多い皮膚の病気です。とびひになったところをさわった手でほかの場所をかいたり、水ぶくれが破れて出てくる液がほかの子についたりすると、とびひして全身にひろがったり、他の子にうつしてしまいます。 夏に多い病気ですが、暖房器具や温水プールの普及で、最近では冬にもみられるようになりました。

みずぶくれができるタイプ(水疱性膿痂疹)と、かさぶたができるタイプ(痂疲性膿痂疹)の2種類があります。

最初は、手足や顔に小さな米粒くらいの大きさの水ぶくれができ、それがだんだん大きくなって、卵くらいの大きさになることもあります。水ぶくれは簡単に破れて、皮が赤くむけてジュクジュクした状態になったり、かさぶたをのせるようになったり、そこからさらに「とびひ」が拡大したりします。また、水ぶくれの中の液がほかの場所やほかの子につくと、うつるので注意しましょう。

みずぶくれのできる「とびひ」は主に黄色ブドウ球菌という細菌が原因です。一方、かさぶたのできる「とびひ」は主に溶血性連鎖球菌(溶連菌)という細菌が原因です。

健康な皮膚は、表皮というバリアで守られているので、細菌が感染することはありません。しかし、虫刺されやあせもや湿疹などをかいて、小さな傷ができていたり、転んでできた傷などがあると、そこから細菌が皮膚に入り込んで「とびひ」を引き起こします。

 

治療

細菌を抑えるための、飲み薬と塗り薬が出されます。また、かくことで悪化するので、痒み止めの薬が出ることもあります。薬を使い始めると、通常3日くらいでジュクジュクしたところが乾いてきます。そうでないときは、薬があっていないことがあるので、早めに皮膚科を再診しましょう。また、よくなったと思って、勝手に薬をやめると、再発する恐れがあります。必ず、ドクターに「薬をやめてもいい」と言われるまではしっかり治療を続けましょう。