しみ

しみには多くの種類があります。

当院ではしみの種類を判別し、その種類に応じた適切で安価な治療法をご提案いたします。

しみの原因の多くは紫外線によるものですが、それ以外に皮膚の新陳代謝の衰え、ホルモンバランスの変化、そしてニキビなどの皮膚疾患や外傷も原因となります。


 生まれたときからあるあざや、成長とともにでてきたあざやそばかす、そして、紫外線・老化・ホルモンバランスの変化ででる光老化性色素斑や肝斑などと、しみと言っても実はいろいろで、その原因、またはメラニン色素が皮膚のどこにあるかで治療法が変わってきます。

 

🌼主なしみの種類・治療

老人性色素斑

老人性色素斑(日光黒子)は、だいたい40歳以降に顔・手・背中・前腕など紫外線に当たりやすいところにでる濃い褐色のシミです。症状は早くて30代から発症します。長期間そのままの状態にされることにより皮膚の表細胞が光老化しメラニン細胞を活性化し、過剰にメラニンが生成されます。




そばかす・雀卵斑

そばかすはすずめの卵のような色と斑点が「雀卵斑」とも呼ばれていてしみ(老人性色素斑)とは大きく異なります。そばかすは遺伝的要因が大きく関係しているものが多く、一般的には幼少期頃から発生するとされています。
 生まれたときにすでに存在する場合もあります。その他は紫外線が原因とされ、メラニン色素沈着でできたものもある為、他のしみと同じように考えます。遺伝が原因のそばかすも紫外線の影響を受け濃くなったり増えたりします。


 


肝斑

肝斑は、顔に淡褐色のしみとして現れます。しみにも色々な種類がありますが、日本人の皮膚は肝斑ができやすく、皮膚の色が浅黒い人ほどできやすいようです。
 主に30歳代後半~40歳以上の女性に多く見られ、その症状は主に両頬や額・下顎や上口唇(鼻の下)に左右対称にできます。
 更年期やピル内服中、妊娠・出産時期にもみられる症状です。

内服治療、外用治療、イオン導入治療、ピーリング治療などを併用します。

レーザー治療は基本的には効きません。




ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

ADMは、後天性真皮メラノサイトーシス(Acquired Dermal Melanocytosis)の略語です。名前がとても長く分かりにくいので略してADM(エーディーエム)と呼ばれています。

老人性色素斑やそばかす、肝斑などのいわゆる「しみ」は、表皮(皮膚の浅い層)に色素が異常に沈着した状態です。通常、色素細胞は、表皮の一番深い部分(基底層)に存在します。

しかし、ADMの場合は、表皮ではなく、より深層の真皮に色素細胞が見られます。この理由は明らかになっていません。似たような状況は、太田母斑などのいわゆる「あざ」で見られます。

そのため、ADMは「あざ」の扱いを受けていることが多いです。実際に、ADMは太田母斑(青あざ)と同一視されていたという過去があります。

現在でも「遅発性太田母斑」と呼ばれる場合があります。しかし、太田母斑は片側性に三叉神経第1・2枝支配領域に発生するという大前提があります。

発生部位や発生年齢、特徴など、臨床的には一致するものがほとんどなく、ADMと太田母斑は全く違う病態であることは明らかです。

このように、ADMの正体については未だ不明な点が多いのが現状です。

好発部位が似ていることから、肝斑や老人性色素斑との鑑別が必要です。

肝斑と診断され何年もトラネキサム酸製剤を内服していたり、老人性色素斑と診断されフォトなどの光治療を受けられていることがあります。

肝斑の治療は、ADMにとっては全くの無効ですので、診断がとても大切です。

確かに、好発部位は似ていますが、発症年齢も違いますし、何より見た目(形・色調)が全く異なります。