BOTOX症例写真

症例

笑顔が素敵なスタッフさん。

目じりと眉間にボトックスを注入しました(左図は施行前)。

皺は2週間後には右のように作られなくなりました。

その後も、自然な笑顔は健在です。

 

症例2

子供たちにガミガミ言ってばかりの私は、眉間の皺がどんどん深くなっていくことが心配でした。

あれほど気になっていた眉間の皺は全く寄らなくなり、

気持ちもうれしくなり、子供たちにも、少し?やさしい母になっております。

症例3

同じく笑顔が素敵なスタッフさん。

目じりの皺は、もともとそれほど深くありませんでしたが、

表面に浅くて細かいちりめん皺が、にっこり笑うと出現しておりました。

このまま時間が経つと、これくらいの皺でも、

だんだん深くなり、次第に、きざまれていきます。

予防的な意味合いを込めて、目じりに施術しました。

2週間後には、目じりの皺はよらなくなりました。

また、目じりの皮膚にハリが出て、若々しくなっておられます。

皮膚のハリを出す、という使い方として、マイクロボトックスという施術方法がありますが、

(顔全体の、ごくごく浅い部位に、少量ずつ広範囲にボトックスを注入する方法)

このような症例を体験すると、マイクロボトックスでのアンチエイジングの効果についても

「確かに効くよね」と納得できます。次回はマイクロボトックスを私自身が受けたいと

フツフツと感じております。