表情じわ

ボツリヌス治療

ボツリヌス治療薬注入は、ボツリヌス菌から抽出されるたんぱく質の一種を注射する治療で、

筋肉の働きを弱めて、しわをできにくくする治療法です。


筋肉の収縮によってできる、眉間や目尻の “表情じわ”を目立たなくすることによって、

お顔全体の印象が効果的に改善され、自然な仕上がりが得られます。


ボツリヌスとは、ボツリヌス菌の毒を抜いたタンパク質の製剤を指します。


ボツリヌス治療は、米国において1970年代から眼瞼けいれんや斜視、多汗症など、

医療の現場で使用されてきた長い歴史があります。


美容医療で使われるようになったのは1980年代後半からと言われていて、

2003年にはアメリカのFDA(食品医薬品局)により、しわ治療薬として認められました。

日本では2009年に、65歳未満の眉間の表情じわへ、

2016年5月から、65歳未満の目尻の表情じわへの治療が厚生労働省に承認されました。

 

<ボツリヌス治療の流れ>


多くの場合、麻酔クリームを塗ったあと、細い針でお顔の特定の筋肉に注射します。


一般的に、2~3日後から徐々に効果が現れてきます。

その後2週間程度で効果は安定し、3~4ヵ月程度持続した後、数週間かけて徐々に消えていきます。


ボツリヌス治療は、ダウンタイムがほとんどない、

アメリカでは年間676万人以上の施術回数がある

最もポピュラーなアンチエイジング美容治療法※となっています。
※American Society of Plastic surgeons 2015 Plastic Surgery Statistic Report Data

 

<厚生労働省から承認の有無>


当院では、厚生労働省が承認したボツリヌス治療薬 BOTOX VISTA©を使用しております。


承認を受けた製剤は、製造工場でボツリヌス菌の精製から製造・保管・輸送まで、

すべてのプロセスにおいて徹底的に管理されます。

その後、厚生労働省に承認された厳格試験を実施し、徹底した温度管理のもと保管されます。

また、販売後も追跡調査を行うなど、常に有効性と安全性を確認しています。